「悲しい」「苦しい」という感情を感じ切る

シェアしてね!

baby-215303_1280

とても悲しいことや苦しいことがあった時

私たちは自分が見えなくなり

何もわからなくなり

人生をさまよい歩くことがあります。

ただただ・・・

起きている現実にどっぷりと浸かり

その現実が、感情が頭から離れず

その現実に、感情に囚われる・・・・

この「囚われる」という言葉、ぴったりだと思いませんか?

本当に囚人のようにその現実に感情に囚われるんですよね。

こんな時は、短調(悲しい・暗い感じ)の曲・メロディーを選んで

母音(あ・い・う・え・お)のどれかで、ずーーっと歌ってみて下さい。

「あ~~~~♪あああ~あーあーーーー♪」といった感じです。

呼吸に乗せてお腹から息を響かせて、

音符の長さを最大限に伸ばします

「伸ばす」と書きましたが、私は「味わう」と言います。

伸ばすメロディーは最大限に伸ばして味わってみて下さい。

そして歌ってる間中

「悲しみ」や「苦しみ」を体いっぱいに感じて

そうーーーーーーーー

涙が出てくるほどに

その感情と同化して下さい。

これが「感じきる」ということです。

感情は感じきった方がいいのです。

フタをすると、また同じ感情がやってきたり

感情をためすぎて意識の中で固まってしまったりするので

結果、病気やアレルギー、「繰り返しやってくる嫌な経験」になって

私はここにいるのよ~~~って強烈な意志表示をしてくるようになるんです

ただ、これだけは知っていてほしいのですが

「悲しい」感情や「苦しい」感情を感じているあなたは

何も悪くありません!!

感情に良い・悪いってないんです。

だからフタをしないで、抑えつけないで

ちゃんと感じてあげましょうね

こういう「感情を感じきる」ワークはいろいろあります。

でもなかなか自分では「感情を感じきる」ことは難しいのではないでしょうか?

逃げたかったり、辛かったりしませんか?

だから、だから!

「歌」のチカラ「音楽」のチカラで感じるのです。

歌っているときは感情をいっぱい広げるので

ただ「悲しみ」の中にいることになりますが

歌い終わった後は

すごーーーく気持ちがいいです!

あんなに感じたくなかった感情だけど・・・

歌で広げてめいっぱい感じきると

呼吸とともに手放していくことができるのです。

「自分を愛する」ことは

自分をまるごと認めることです。

感情にフタをせず、感情を抑えつけず

愛してあげましょう・・・・

もっともっと自分を認め、愛することが

あなたにはできるのです

あなたは本当に素晴らしいーーー

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る