親の自己評価は子どもの自己評価

シェアしてね!

blueberries-864628_1280

最近、私に相談をして下さる方の特徴

・自分への信頼を取り戻したい人

・妊婦さん

・シングルマザーさん

この中で、シンママさん(シングルマザーさん)について・・・

教員時代でもそうだったんだけど、シンママさんの相談で多いのが

子どもがいじめられている、嫌がらせを受けている

子どもがいじめている、嫌がらせをしている

この2パターンです。

これは対になっていて、
いじめてる方もいじめられている方も同じ根っこをもっています。

共通するのが「自己評価が低い」ということ。

とは言え、こんなこと、本人は気づいていないことも多々あります。

シンママさんで多いのが

「父親がいないから私がしっかりしなくては!」

「片親だからって見下されたくない」

「片親でも子どもを立派に育ててみせる!!」

と・・・
意識しているしていないは別にして、こういう強い想いを抱いているパターン。

これが、そのまんま子どもに植えつけられています。

ずっと一緒に暮らしているんだもの、
当たり前に子どもの潜在意識に溶け込んでいきますよね。

こういうお母さんの子どもさんはけっこうしっかり者が多かったり

がんばりやさんな子が多いです。

でも、何故かいじめられたりいじめたり

がんばりすぎて、何かのトラブルをきっかけに失速して無気力になったりします。

それを見て潜在的な不安にフタをしてがんばってきたお母さんは

「私の育て方が悪かったのかしら・・・・」

「やっぱり母親だけで子どもを育てるのは無理なのかしら・・・」

と絶望してしまうのです。

いっぱい見てきたよ。

これを読んでいるすべてのお母さんに伝えたい。

自分を信じましょう

自分を愛しましょう

すべてOK!すべて大丈夫!!

そうなんですよ、本当は!

でも、こんな言葉、いろんな本や講演会でいろんな人が言ってるよね。

これがどういうことかってわからないからしんどいんだよね。

シンママさんと話してると、自分が子どもに言ったことやしたことに対して

「ああ・・・あの時こう言ってしまったのが悪かったんだな」

「あの時の私の行動がいけなかったんだな」

と後づけするお母さんが多いのですが

お母さんが子どもに言ってること、やってることはすべてOKなんです。

その時の直感でそう言った・そうした のなら間違いないのです。

もっと自分を信じましょう

自分を信じるってわかりますか?

自分を信じる大切さって多くの人が説いているけど

「自分を信じるんだ~~!!」って思いこむことじゃないです。

どんな時も自分に都合よく

「この時のこの言葉、この行動はベストなんだ」ってシンプルにとらえること。

いいかげんな言い方になるかもしれないけど、もっとシンプルに言うと

「何も考えない」(笑)ってことです。

子どもとの生活ってもっともっと本能のまま、あるがままでいいんじゃないかな?

シンママだから、子どもが不安定になる・・・・じゃなくて

自分のやったこと、やってること、言ったことに「NO」って言ってるから

ダメだっていう自己評価を勝手にしているから

子どもの自己評価も「ダメ」になります。自然に。

もっとお母さんを楽しんで!とも言いたいですが

本当はもっと「私」を楽しんでね!!

私のまわりのシンママさんも

「子どものために」「子どもがこう言うから」っていう人、ホント多い!

いやいやいや

私のために・・・・今日を過ごして下さいね。

実はそれが子どもの幸せなのです。

あっ、「私のため」っていうのを時々はき違えて

「私のために彼氏をつくる」っていう人がいますが

それは自分のためじゃないよ、ただの依存だよ。

その違いがわからない人は私に会いに来て下さいね
子どもが疲れきってしまわないうちにね。

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る