自分の声が嫌いです

シェアしてね!

angel-564351_1280

声のレッスンやワークショップで、本当によく聞くのです・・・・

「自分の声が嫌い」って。

女性で多いのは

「声が低いからイヤ」

「かわいい声になりたいんです」という思い。

そんな方に

「自分の声を愛しましょう~~」

「世界にひとつしかない声なんですよーー」

なんて言っても、その方にとっての「好きな声」が

高くてかわいらしい声であるなら、

そんなこと言われても

なかなか納得することができませんよね????

高くてかわいい声が好き・・・・・

その気持ちを深く見ていったことがありますか???

なぜ高くてかわいい声が好きなのでしょう???

そんな質問をしながらセッションをしていると

ご本人が気づかれることがたくさん出てきます。

私・・・愛されたいんだ



私・・・守られたいんだ。



私・・・頼りたいんだ。



私・・・大事にされたいんだ。

そんな想いに気づいて初めて

「だから私、高い声、かわいらしい声が好きなんですね!!!」

と目を丸くして話されます。

人は、無意識に毎日話していますが

声=自分

って思っているのです。というかそうなのですが(^-^)

声=自分

声が低い➔女らしくない



声が低い➔可愛げがない

という方程式ができあがっている方もいます。

ってことは自分のそういう側面が嫌い=自分の声が嫌い

になっているということです。

本当は自分の声が嫌いなのではなく

自分の側面が好きになれないのです。

たぶん、その方は

女らしくないと愛されない、可愛げがないから大事にされない

という思い込みがあるのでしょうね。

それならば、その思い込みから自由になればいいのです。

女らしくないと決めているのは誰ですか?

可愛げがないと思っているのは誰ですか?



すべて自分が決めているのではないでしょうか??



もっともっともーーーーっと!!!



自由であっていいのです!!!!!

これは私とか「私らしさ」とか



そんなもの要りません(笑)

じゃあ「私」って何ですか?

説明できますか?

そう・・・・・・

「私」って

「何者でもない」のです。

自分で創ればいいのです!



もっと自分勝手にデザインすればいいのです。



すべては「自分から」始まります。



そうすると、自然に声が変わります。

自分のまわりのものすべてとつながることができる声になります。

本当に声って正直ですね。

あなたとお会いできるのを楽しみにしています心

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る