声の力ですべてうまくいく①

シェアしてね!

bike-477780_1280

声の力ははかりしれません。

私も学び続けているのですが

声で人生を変えることができます。

声は当たり前ですがその人のオリジナルです。

普段は意識していない人の方が多いかもしれませんね。

でも、何となく自分の声が好き、嫌い
こんな声になりたいな・・・というような気持ちは
持ったことがあるのではないでしょうか?

私は3歳からピアノを始めて
音楽高校を受験した時はピアノ専科で受験しました。

何とか合格したものの、
入った当初はピアノの成績がクラスの中で
ビリから数えた方が早かったんです。

そんな私は副科で声楽をやっていました。

もともと歌うことが好きだったのですが
楽しく声楽を学んでいるうちに
いきなり声楽の順位がクラスで2位になってしまいました(笑)

それで芸大を受験し、滑り止めの他の芸大、音大すべて合格し
声楽の道に進むことになったのですが

そこからです。
何をやってもうまくいきだしたのは・・・・

声の力をその頃は「なんとなく」知っていました。

そして、やはり「声」を使う仕事である教師になり

毎日毎日生徒達に語り、歌ってきました。

どんなクラスを担任しても不思議に学校中でいちばん良いクラスになるのです。
行事も1位、団結力が素晴らしくてみんなが個性を発揮して輝いています。

小学校の時に「学級崩壊」していたクラスの子たちを担任しても
最後はみんなが感動で泣いて卒業していくクラスになりました。

声の力を使うとどんなこともうまくいきます。

そんな声の力を今日から少しずつ語っていこうと思います。

すべてのものは固有の「周波数」があります。

私も、このパソコンも、食べかけのバナナも・・・

すべて振動しています。

ちょっとあやしく感じる人もいるかもしれませんが

今見えているものはすべて「無」からできています。

すべては無から生まれ、「ある」と認識しているのは

それの周波数が自分に同調しているからです。

体も振動しているのですが、その中で一番わかりやすみのが

「声」ですよね。

声は声帯を震わせて音にすることで生まれます。

その振動は、それぞれ固有の周波数をもっているまわりのもの(人もふくめて)
に影響を与えます。
与えないわけがない・・・・と言った方がいいかもしれませんね。

声はその人のもっている情報をすべて内包しています。

その人の意識・エネルギー・データ・・・・などです。

それが形ある世界(現実)に影響して
「無」から「有」へ、「有」から「無」へと循環しています。

なので、「声」によって有の世界、つまり現実に変化を与えることが
できるというのは当たり前と言えば当たり前なのですね。

ワークショップではこういうお話もしていこうと思います。

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る