もやもやの正体

シェアしてね!

monkey-823047_1280

さて、先日のもやもやですが

頭の中にあるものを書きだしてスッキリ!!!

・・・・・・と言いたいところですが

なぜかまだもやもや・・・

というか「もやっ」が残っているように感じました。

ありませんか?こういうの

「もやもや」ではなく「もやっ・・・」です(笑)

長年教育に携わり

教育学や心理学を勉強していても

生身の人間なので

人と関わった時にしばしば感じる「もやっ・・」はあります。

ブログには絶対に良いことしか書かない!という人や

自分のイメージを裏切るような記事は書かないという人もいますが

だから、私生活で「仙人」みたいに悟っているか?

と言うと、違うと思います。

なぜなら私たちは、

この感情の揺れや思考のざわつき

山あり谷ありの現実を楽しみたくて生まれてきたんですもの!!

なので

今回もまた、その「もやっ」を楽しむため、と言うよりは

「原因を探ってみたい!」という持ち前の好奇心が湧いて

書き出しワークの後にいろんなことをやってみました(←ヒマ?)

自分をよく感じてみると・・・・

そして自分のまわりの大好きな方々に言われたことを思い出して

「グラウンディング」という言葉が直感で浮かびました。

グラウンディングとは

地に根を張る感じでしっかりと足をつけることです。

「立っているんだもの、地にしっかりと足をつけるのは当たり前じゃない」

と思う人もいるかもしれませんね。

グラウンディングとは形だけの「地に足をつける」ではなくて

自分のエネルギーをしっかりと地に根ざすことを言います。

グラウンディングが弱いと、いろんなことがまさにフラフラしてしまいます。

・人に依存しがち

・自分の意見がもてない

・自信が無い

・傷つきやすい

・自分の軸が無い

ありがちなのが

・女同士の会話で、そう思っていないのに同意してしまう

・「絶対にほしい」物ではないのに買ってしまう

・他人のことをうらやましく思ったり、嫉妬してしまう

現代人はどんどんグラウンディングが弱くなっています。

原因としては

核家族が増えたことや、高層マンションが多くなっていること

土を耕したり土に触れて遊ぶ体験が激減していることなどが挙げられます。

私は実家を離れて

教師を退職し

マンションの上階に住むようになって

グラウンディングがずいぶん弱くなってきたようです。

頭の中の書き出しワークは強力で、

いつもなら「こういうことか!」とすっきりするのですが

今回の「もやっ」はしつこかったので

体を使ったグラウンディングを試しました。

「Thank you」の歌を歌いながら

声に乗せて息を吐き

赤い光を地底にぐ^---っとのばしていきます。

そして曲の間奏の間に地球の中心と、その赤い光が結びつくイメージをして

今度は地球の中心を結び付いたまま歌っていきます。

3回歌い終えたら

おお・・・・・

すっきり・・・・・・・・

何も無い感じ

今 ここ にいる感じ

その後、グラウンディングを感じながら

ヨガの太陽礼拝を繰り返しました。

もうどこにも「もやっ」はありません。

このことを通して実感したのは

私はやっぱり「体」を使わないと腑に落ちない

ということ。

まぁ、グラウンディングできていないのに

頭だけで「理論がどーもこーの」って言ってても

入らないはずですよね。

グラウンディング

みなさんも意識してみて下さい。

いろんな方法がありますので紹介しておきますね。

グラウンディングする方法

・根っこの野菜を食べる(大根・にんじん・ごぼう・・・)

・実家の親に会いに行く、親しむ

・ガーデニングをする

・はだしで土の上に立つ

・海水に浸かる、浜辺を歩く

・ウォーキングする

・麻や木綿の服を着る

・アフリカの太鼓の音楽、民族音楽を聞く

自信が無い、人の顔色をうかがってしまう、ふわふわしている
落ち込みやすい、人の意見に左右される

などの時に、試してみて下さいね。

あなたの「もやっ・・・」がすっきりしますように♡

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る