旦那の実家で受け取り上手になる

シェアしてね!

みなさま、こんばんは(*^_^*)
私は今旦那の実家に居ます。

私は義父母が大好き・・・

義父母は私たちが付き合っている時、
結婚するという意志を伝えたら・・・

「息子が選んだ人だから」と
すんなり「バツイチ子持ちで年上の」私を受け入れてくれた人達なのです。

あの頃の私は「バツイチで子持ちで年上の私」を
自分で受け入れていなかったのでしょうね。

絶対に反対されると思っていた私は嬉しくて泣いてしまったのを覚えています。

義父母の存在があって今の私がいる。そんな感じです。

年に2回ほど、旦那の実家に帰ると
義父母はとてもあたたかく迎えてくれます。

上げ膳据え膳だし、洗濯もやってくれて
孫の面倒もみてくれて

ごはんはすごーくおいしいし(*^_^*)

とにかく幸せでゆったりした気持ちになれるんです。

こういう体験は私にとっては「変わる」きっかけになりました。

ちゃんと「受け取る」ことで相手も自分も幸せになるということが
今はすごくよくわかり、味わうことができます。

本当に義父母には感謝です!(泣けてくるね)

私がなぜ「受け取り下手」だったか?というと

私は自分の母には甘えられず、「母を怒らせてはいけない」と気を遣ってしまい
心から寛げたことがなかったんですよね。
なので、母に対しては、母がやってくれたことに対して
「(手をわずらわせて)ごめんね。」
「迷惑かけてごめんなさい」

と「ごめんなさい」とばかり言ってました。

これを今考えてみると、私は全然母の思いを受け取っていなかったな、って
思います。
私は母が何かをやってくれたことに対して、母が後で絶対にその見返りを求めてくることが
怖かったんです。
裏返せば私も母に「〇〇してあげたんだから○○してよ!」という
「見返りを期待していた」ということになりますね。

これはとても居心地の悪い関係です(+_+)

私は母に対して真の意味で「与える」ことをしてこなかったんだなって
反省でなく後悔でもなくただそう認めることができています。
これが今回、年明けに訪れる私の実家で試みていこうとしていることです。

うん。母にちゃんと愛を伝えよう!と決めています。

年明けに母に会って、それができたら
私は素晴らしい一年をスタートできると思っています。

「与えること」「受け取ること」が自然にできれば
すごくバランスの取れた人間になれます。

私の変化はどんどん加速中。

新しい年に向けて「変化・創造・挑戦」です。

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る