願いの現実化の前に今年を振り返る

シェアしてね!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_shishiodoshi-thumb-1000xauto-12613

先日のブログで「現実化ノートに書いたことが100%叶っている」
という内容を書いたら、すごい反響でした。

メッセージやコメントをいただいて本当にありがとうございます

みなさんは
「2015年はこうなる!」と現実化させたい願いはありますか?

「引き寄せブーム」はまだまだ続いていて
夢ノートやビジョンボードなど、いろんなやり方で願いを現実化させる方法が出てきました。

私も夢ノートやビジョンボードを書いていた時もあったのですが

その頃は闇雲(やみくも)に夢見る乙女の気持ち(笑)でワクワクして書けば
叶う!と信じていました。

そう・・・闇雲に。

この「闇雲に」(先の見通しもなくむやみに事をすること。また、そのさま。)
というのが現実化を邪魔している要因のひとつなのだということに
気づいてからは「地に足のついた現実創造」を試しています。

願いを現実化するのに大事なのは・・・

・ありありとイメージして書く
・わくわくした感情で書く

とよく言われていますが

私は「現実化」する上で大切なのは

◆観念(自分が心の底から信じていること。潜在意識下にあること)

◆思考(今年は○○する!という思い・考え)

◆感情(現実化した時の臨場感あふれる気持ち・感情)

◆行動(それに向かって行動し続けるということ)

がすべてそろって初めて現実化する・・・と思っています。

この中で思考と感情、そして行動は意識化しやすいので、
取り組みやすいのですが

いちばん自分でとらえにくいのが「観念」です。

この観念は「信念」とか「前提」とも言われていて
心理系やスピ系のお話でよく出てくるものですね。

観念は
「自分が無意識に信じていること、確信していること」なので

自分が「私はこうだ!」と信じていると思っていても
無意識ではそうではない・・・と確信している。

なんていう衝撃の事実が往々にしてあります∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

例えば
「今年、私は○○くんにプロポーズされる」

と現実化ノートに書いてあるとして

観念が
「私は○○くんにプロポーズされるのにふさわしい素晴らしい存在」

だと確信していればこの願いは現実化してくるでしょう。

しかし
「私は男性にプロポーズされる価値が無い」と無意識で確信していれば

現実化するのは難しいでしょう。

観念→現実

なので、観念で自分は無価値だと確信しているということは
現実は無価値な私を反映して
「誰にもプロポーズされない私」を継続していくことになりますよね。

では、その「観念」はどうしたら見つけることができるのでしょう?

それは
・現実を見ること
・自分のまわりの人を見ること(人間関係)

にヒントがあります。

2014年を振り返って
どんな現実が起こっていたか?
どんな問題が起こったいたか?
どんな良いことがあったのか?

そして
まわりの人々との人間関係はどうだったか?
喧嘩したり縁を切ったりということはあったか?
新しく出会った人はどんな人達だったか?

これらを振り返っていくと
自分の無意識がどう現実に反映されているかが見えてきます。
特に
同じパターンで悩んでいる…ということがあれば
すごくわかりやすいですね(*^_^*)

それと

「言葉」に注意するのもおすすめです。

・自分の口癖は何か?
・「こういう時にはこういう言い方をしてしまう」ことはあるか?
・どんな言葉に敏感か?
・どんな言葉にトキメクか?
・どんな文章が目に留まるか?

などなどをよーく観察、分析してみると
自分が「何を信じているか」が読み解けます。

私はカウンセリングする時に、こういう観点で聴いています。

こういうことを自分で自分にやってみて下さい。

あっ・・・こんなことを信じていたんだ。だから叶わなかったんだ!

って「ガッチョ~~ン( ̄□ ̄;)!!」と気づくことがあると思いますよ。

2015年の「願いの現実化リスト」を書く前に

自分の無意識(潜在意識)を知るということが

いかに大切なのかということは、実際にやってみないとわからないと思います。

願いを現実化したい!という方はやってみて下さいね。

今日もお忙しい中、お読み下さりありがとうございます(*^_^*)

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る