人生が変わるドーナツの食べ方

シェアしてね!

donut-1133531_640

人は不安や恐れから逃れたいと思うものです。

〇〇しないとこうなる

〇〇ではないとダメだ

〇〇だからできない

これが積み重なって「くせ」「習慣」になっていく。

不安や恐れからの望みは

〇〇が無いからこうなりたい、欲しい

無い・欠けている という在り方がベースにあるので

無い・欠けている を強化することになります。

つまり 無い・欠けている がずっと続くということ。

本当はみんな「ある」のです。

気づかないだけですべては ある。

今日、娘が大好物のドーナツを食べているときに

「食べたら無くなっちゃう」と言ったので

ドーナツがすごく好きなんだな と思いました。

大好き➡無くなったら困る なんですね(笑)

でも本当は失うものなどないのです。

食べている最中に「無くなっちゃう」と思いながら食べていると

食べ終わった後に「あーあ、無くなっちゃった」という欠乏感が残ります。

食べている最中に「おいしいなぁ」と五感で味わって食べていると

食べ終わったあとに「あーおいしかった」と 満足感が残ります。

要するに「今」の幸せを味わうと

次の瞬間も、その次の瞬間も 満足 なのですね。

このドーナツの話はけっこう深いですよ(笑)

食べたら無くなっちゃう(欠乏感)…という思考の持ち主は

それがどんどん育ったとして

例えば恋愛なら「どうせフラれるから 人を好きになんてならない」

お金なら「月末、きつくなるから欲しいものをがまんする」

という思考になりやすい。 

一事が万事だからね。

そうやって強化されて「私は いつも 無い」という人生を生きています。

あーおいしかった 幸せ♡

つくってくれてありがとう♡

と感じられる人は、

ドーナツという物質は食べて無くなったけど

満足感や幸せ感、喜び、感謝…が「ある」ので

「無くなった」という感覚がありません。

いつも「ある」のです。

ある ある ある…

すべて ある 人生を生きています。

すると「ある」が寄ってきます。

向こうから寄ってきちゃいます。

これぞ 引き寄りの法則 ʅ(◔౪◔ ) ʃ

ただね、すべては選択なので

「私はこちらを選びたい」でOK

実際に欠乏感が芸術を生み出す原動力になってる人もたくさんいるのです。

どうしたいか?

選ぶのはいつも自分です。

★人を引き付ける力(吸引力)を育てる

マグネティックパワー養成講座 残席1名です

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る