あなたの大切なものは何ですか?

シェアしてね!

3da4847d1cc0912efac54d5381af9bcd_s

4人の妻をもつ王様がいました。

王様は4番目の妻をもっとも愛していて美しい宝石と豪華な衣装をまとわせ、

いつも最高のものを与え、もっとも多くの時間を一緒に過ごしました。

3番目の妻は、もっとも美しい女性だという理由で愛しました。

彼女には多くの求婚者がありましたが、王様は猛アプローチをして彼女を勝ち取ったのです。

王様は人々に彼女を見せびらかすのが好きでした。

しかしいつか別の男に彼女をとられてしまうのではないかとひそかに恐れていました。

2番目の妻はよき相談相手で、賢明な助言をしてくれました。

優しくて思いやりがあり、忍耐強い性格でした。彼女が問題を抱えている時には

王様が寄り添って助けました。

1番目の妻に対しても、王様は忠実なパートナーでした。

ただ、王様は彼女をあまり愛していませんでした。

その存在にすら気づいていなかったのです。

しかし王様は彼女を捨てるつもりはありませんでした。

家臣に陰口をたたかれたくなかったので、ずっと一緒に結婚生活を送っていたのです。

ある日、年老いた王様は病気になり、死を覚悟しました。

贅沢な人生を振り返り、「自分には4人の妻がいるが、死んだら一人になってしまう」

と思いました。

そこで、まず4番目の妻に尋ねました。

「私はおまえをもっとも愛している。素晴らしい衣装や宝石を買い与え、

もっとも愛情を注いできた。私はもうすぐ死ぬが、一緒についてきてくれるか?」

4番目の妻は「それはできません」と言って立ち去りました。

王様は悲嘆に暮れながら3番目の妻に尋ねました。

「私はずっとお前を愛してきた。私はもうすぐ死ぬが、一緒についてきてくれるか?」

3番目の妻は「それはできません」と言いました。

「あなたが死んだら、私は別の男性と一緒になります」

王様は落ち込んで、2番目の妻に尋ねました。

「最愛の妻よ、私はいつもおまえに助けを求めてきた。

そしておまえはいつも私を助けてくれた。私が死んだら一緒についてきてくれるか?」

2番目の妻は「残念ですが、今回ばかりはできません。お墓まで連れ添うことで

精一杯です」と言いました。

彼女の返事を聞いて王様はショックを受け、すっかり落ち込んでしまいました。

その時、王様に呼びかける声が聞こえてきました。

「私はあなたと一緒に行きます。あなたがどこへ行こうと私はついていきます」

王様が顔を上げると1番目の妻がそこにいました。ずっとないがしろにしてきたので

彼女はとてもやつれていました。

王様は「おまえのことをもっと大切にすべきだったのに、それができなかった」

と泣き叫びました。

========================

こんな寓話を見つけました。

この物語の4人の妻(パートナー)は何を表しているのでしょう?

4番目の妻は あなたの「体」です。

どんなに大事にしても死んだら体と別れなければなりません。

死ぬということは肉体の死 だからです。

3番目の妻は、あなたの「地位・財産」です。

どんなにがんばってお金を貯めても、地位を築いても

死んだらそれをもっていくことはできません。誰

2番目の妻は、あなたの家族や友人です。

どんなに愛していても、思い出をたくさんつくっても、

お墓まで連れていくことはできません。

1番目の妻は・・・・・・・・・・・・?

自分の魂です。

魂、それは自分の本質、肚の声、愛そのものです。

魂を大事にすることが「自分を愛すること」なのです。

この寓話はそれを教えてくれます。

いつも自分の本音にしたがいましょう。

誰かに合わせるのは辞めましょう。

自分をイチバンの親友として扱いましょう。

頭の中の声に振り回されるのは辞めましょう。

ハートを燃やして生きよう!!

むかい ゆか

=========================

いつの間にか残席1名になりました。
ようこそ!新しい地球へ☆

愛と感謝の波動になるうたの瞑想
自分を愛するうたレッスン

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る