ド真剣に自分の闇を見つめたひとときでした。

シェアしてね!

child-404967_640

8月22日(土)は渋谷で

「あこがれの自分になるワークショップ」を

開催しました。

今回は東海地方中部地方から参加して下さった方もおられ、

むかい ゆかは感無量でした。

前半はシャドウ(影)の概念についての講義。

「影と光のワークブック」を使って穴うめ形式で書き込んでいきます。

(この辺が教師っぽいなと自分でも思う 笑)

ワークブックを作成したのは・・・・

「ワークショップ」と名のつくものに参加すると

その時は「わかったような」気になるのだけど

帰宅して、後で自分の書いたメモを見ると

「ん??これどういう意味だっけ??」

「あれ、ここんとこがわからない・・・・」

ってなることが多いのです。

なので、持っていると何度も読み返せて、

自分でワークできるものがあればいいなと思ったわけです。

私のセミナーやワークショップはいつもこんな感じで

 

床の上で転がりながら自由に動けるフリースタイルです。

円になって全体に話したり、数名でお互いにセッションしあいます。

「そんなのいきなりできないよ!!」

と思いますよね。

それが、

人って任せられると一生懸命に相手に関わろうとするもので・・・・

 

「これどういう意味??わからなーーい!」と思いながらも

 

すごーーく頭を使うワケです。

つまり、ただ話を聴いているだけのお客さんではなく

自分が相手にセッションしている

主体者になるということ。

ただ、今回は濃い内容だったことで、理解するのがかなり難しくて

振り返ってみると、かなりのスパルタだったなと・・・・・・

本当に本当に

よく頑張って下さいました。

 

みなさんのこと見つめながら本当に素晴らしいメンバーだなと

勝手に感動していた私です。

 

メールでのフォローはいくらでもしますからね(*^_^*)

=======ご感想の一部========

※たくさん書いて下さった方の文章は一部を紹介しています

◆今日はどうもありがとうございました!!

自分の課題を見つける(掘り下げる)のにすごく時間がかかってしまい

申し訳ありませんでした。

 

でも、おかげさまで自分の問題がはっきりわかったので、

この資料を事あるごとに見直して、自分の感情をしっかりと感じ、

丸めて解放していきたいです。

常に人の顔色をうかがってビクビクしている理由がわかり

客観的に自分を見つめられるようになりました。

◆ゆかさんの明るいキャラクターに親近感を感じ、安心しました。

 

自分の影に気づいた瞬間、気持ちよかったです!!

 

もっと時間があるといいなと思いました。

最後までやりたかった!!続きは家でやります。

 

全体的にアットホームで安心感を感じました。

参加して良かったです。

ありがとうございました!!

◆ここに来れたのもタイミングが来たのだと思います。

 

本当に良かったです。

実際にお会いしてお話ししないと感じられないと思っていたので。

 

ワークを続けてシャドウを受け入れていきたいです。

私も今日から変わりたいと思います。

 

◆「投影」に関して知識はあるけど、それを使って自分の影を見ることは

あまりやってこなかったので

 

「ウソだーー!!(汗)って思う新たな自分の一面を見つけられました。

 

今までに行ったセミナーとはまた違う視点で

心理学を捉えている部分があって、面白いなと思いました。

 

やり方はいろいろあるのですね。

 

また他のセッションも受けてみたいです!

ありがとうございました。

◆「声分析」でとても感動したので、このワークショップに参加しました。

 

参加して一番の収穫は、自分が自己犠牲をもっていたことで、

一番の驚きでした!!

 

そして今までのことが全部、腑に落ちました。

 

ワークにじっくりと取り組めてとても大きな気づきがありました。

 

引き続き家でワークに取組みたいです。

ありがとうございました!

==============

本当にありがとうございました。

みなさんが自己理解を深め、

 

「自分を生きる」人生になりますように・・・・・・。

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

トップへ戻る