恋愛のご相談

シェアしてね!

tulip-566875_640

ゆかさん、昨日はありがとうございました。
私は自分が自分でなくなるようですごく苦しかったのです。

自分は、クールで男っぽくて淡白?なタイプだと思っていたのですが
ひとりの男性を好きになり、どんどんのめり込んでいき、
その男性がだんだん私から離れていこうとするような気がして

気づいたら彼のアパートに行って待ち伏せしていたり
携帯電話を盗み見たりするようになりました。
ここからは泥沼でした。

私の予感は当たってて彼はモトカノと二股をかけていました。
ますますくるったように彼にせまり、怒鳴り泣きました。

こんな男、こっちから捨ててやると思ったのですが
そう思えば思うほどどんどん彼のことが好きなような気がして
足が勝手に彼のアパートにむかってしまう。

こどもが泣くとイライラしたり

時には子どもがいなかったらと思うこともありました。

これがいちばんつらかったです。
ゆかさんに自分のつらさを聞いていただいて
私が恋愛だと持っていたものはちがったんだということに気がつきました。

私は自分のことが大嫌いでした。

私の言葉からゆかさんはいろいろ引き出してくれて

私が「こんな私を好きになってくれるはずがない」と思いこんでいたこと!!

それに気づいたときの私は・・・・・・・・

そういえば私はほめられたことがなかったなと。
ほめられても全然うれしくなっかった。
話を聞いているうちにゆかさんがいつも言ってる
まずは自分。ということがすごくわかるようになりました。

ずっと自分を大切にしてこなかったな。
って思うとなんか力がぬけていくかんじでした。

私が彼にこだわっていたのは
私が私を大切だと思いたかったんだ。自信がほしかったんだ。

これからもカウンセリングセッションを受けながら

まず自分の価値を認めていこうねと言われて
こんな私でも価値があるんだと思えたし
(っていうと「こんな私」と言ったことを指摘されましたがwww)

今までに感じたことのないあたたかい気持ちになることができました。
本当にありがとうございます!
またこれからも宜しくお願いします。

M・A

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

トップへ戻る