感情の奥にはいつも・・・

シェアしてね!

heart-826933_1280

子どもが学校生活や友達関係でつらい思いをしていたりして・・・

それをその時に知らなくても、後で「実はこういうつらいことがあったんだー」って

後で聞いたりすると、親もつらいですよね。

ああ、傷ついていたんだな。

きつかっただろうな。って。
今日はそんなことを車の中で聞いて

しばらくはそこにとどまってしまいました。どこにとどまったか?というと

「そんなことした相手の子たちってどういう子なんだろう」

「どうしてそんなことができるのだろう」

うーーーーーん、正直に言うと

息子を傷つけた(本人は傷ついていないと言いましたが)子たちに対して

「そいつら・・・・バカ!?」

「息子がうらやましいんだね、ひがみ?嫉妬?」

「レベル低~っ!」

って心の声が聞こえてました(笑)

ここでそんな自分を観察・・・・・
思考や感情にとらわれて仕方の無い時は、
それをただ見ている「目撃者」になります。
しかし、子どものこととなると「目撃者」になりにくい・・・。

本当になりにくいです。
なので、心の奥の奥へもぐっていきました。芯の部分に。
そこにはエゴのレベルでですが、

「愛してる」がありました。
息子のことを愛してる・・・・・・

ここから出ているのですね

「そいつら・・・・バカ!?」

「息子がうらやましいんだね、ひがみ?嫉妬?」

「レベル低~っ!」  は(笑)

表面のところではなく奥にある思いをたどって

深いところで感じていると、

不思議なんですが、息子を傷つけた子たちへの思いが

すーっと落ち着いてきたのです。
みんな同じ、ただひとつの側面を見せているだけなんだと。

うん、みんな愛しい存在なんだなと。

この世界に見えるものは、すべて

誰の中にでもあるひとつの側面でしかなくて

あなたにあるものは私にある。

私にあるものはあなたにある。

そして、誰もが「見たいもの」だけを見ているのだなと思います。

それなら「見たいもの」を創り出せばいいいじゃない?
今度、子どもにそんな話をしてみようと思いました。

====================

月末にワークショップをします!
期待を裏切らないおもしろさとたくさんお持ち帰りいただきます!

  ❤無料メールレター「未来の創り方」登録フォーム

The following two tabs change content below.
むかい ゆか
5,000人以上の生徒・保護者と熱く生きたもと中学校教諭。 自己宙(世界はすべて自分が創っていること)に気づいてからは思ったことが100%現実化している。 プロフィールはこちら
むかい ゆか

最新記事 by むかい ゆか (全て見る)

シェアしてね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トップへ戻る